矯正治療について

矯正治療の効果

小児矯正の最終目標は、正常な永久歯列の完成です。
ある程度の期間は要しますが、永久歯が萌えそろってからの矯正治療と比較して、
様々なリスクを減らすことができます。

抜歯の可能性が減る

歯は本来ある本数で咬む機能を果たしますので、抜歯は出来る限り避けたほうが良いのです。
永久歯が萌えてくるスペースがないと、抜歯することでスペースをつくり、歯を移動させる場合があります。

しかし顎の成長期であれば、歯を抜くことなく顎の成長を正しい形に促し、スペースを作ることが可能です。

歯や顎への負担が減る

顎が成長している最中に力をかけることにより、正常な顎の成長を促す事が出来ます。

むし歯になるリスクが減る

歯を正常な位置に誘導することにより歯ブラシがよくあたるようになり、
むし歯になるリスクも減らす事が出来ます。

口呼吸が減る

唇や舌、ほほの筋肉が緩んでいると、歯が正常な位置に萌えない場合があります。
矯正中に口の周りにある筋肉を鍛える練習を行うことで、口呼吸の癖を改善できたり、息が漏れることによる発音や滑りの悪さを改善できたりすることが可能です。

仕上がりが良く、後戻りが少ない

顎の成長時期に力をかけることにより正常な発育を促し、正常な位置で成長終了を迎えるため、
仕上がりも良く、後に戻ってしまうことも少なくなります。

手術の可能性が減る

顎の成長が終わってから矯正治療を開始すると、顎のバランスに大きなずれが生じた場合に顎の骨を動かす手術が必要になることあります。 あらかじめ咬み合わせを治しておけば、咬むバランスのとれた顎で成長が止まるため、手術をする可能性を減らすことができます。

コンプレックスの解消

成人してから歯並びの悪さがコンプレックスになる場合もあります。早めに改善することにより、
健全な精神発達の環境を整えてあげることができます。


このページのトップに戻ります。